現在の町並みに、姿を現した往時の大城郭の全貌。 空撮写真に復元された城郭を合成

DigitalDaikuの一言

世界遺産に登録され保存状態がよいとされる姫路城においても、現在目にすることができる建物はほんのわずかである。実際、google mapでみるかぎり、目立つのは広場ばかりである。

城の郭は、単なる広場ではなかった。往時は、いま広場と化した城地は無数の屋敷で、あふれていた。

互いに有機的に組み合わされ初めて、「城」として言い換えれば、要塞でありながら政庁でもあった「城郭」として機能していた。

再現されたCGイメージは、その事実を誰にでも教えてくれる。

概して、「保存」や「再現」されている城(ほとんどの場合、天守)を見て、「城」鑑賞したことにはならない。いまの「城」こそ、偽モノやまがい物だらけである。「危ない城」が多いのが悲しいかな現実であろう。

現存天守は全国にわずか12基だけである。

 

 

このサイトで使用されたすべての画像・写真・図版等の著作権は、それぞれデジタル大工グループの制作者に帰属します。
Copyright(C) Team DigitalDaiku All Rights Reserved