DigitalDaiku 3D城郭データの内容を具体的に説明します。 豊臣氏大阪城を例に
3Dデータの圧倒的優位性 下の画像は3D城郭データの中で人気の豊臣氏大坂城データを3ds maxで開いたときにキャプチャーしたものです。 トップ、ライト、フロント、カメラの4画面が確認できます。フロント画面(右上部分)でもっとも高い建物が天守です。オブジェクトを上からみたり、右から、見たり、正面から、見たり、カメラ目線で見たり、どかからでも、自由自在に見ることができます。 いうまでもなく、これはデータが3次元で構成されているから可能になります。

画面1 データを開いた直後の画面

画面をクリックするとさらに大きい画面が開きます

画面2 全体再現データ

再現範囲はどこまでか。 画面2はその答えを明確に示しています。トップ画面でみれば、オブジェクトが入力されている範囲は一目瞭然ですね。本丸、2の丸、3の丸は十分範囲にふくまれています。さすがに、「総構え」までは、いかないとか」がわかります。もちろんユーザー様で建物や屋敷群を追加されることは可能ですから、近い将来は「総構え」の大阪城再現も可能かもしれません。ハード面ソフト面の進歩に期待しましょう。

画面をクリックするとさらに大きい画面が開きます

3D城郭ライブラリーの構成 DigitalDaiku 3D城郭データは、天守や櫓などの部分的再現にとどまるものでは、ありません。城郭の全貌を把握する上で、最低限度の範囲を再現しています。 豊臣氏大坂城データは 1.全貌を描いた全体データ、 2.天守の詳細な再現データ(画面3) 3.その他に御殿対面所再現データ、4. その内部の大広間再現データの4データで構成されています。つまり4つの3dsmax ファイルセットということになります。 さらに、豊臣氏大坂城をはじめとして、全国34城郭の再現データの総和が DigitalDaiku 3D城郭データということになります。 全体データとは分離した各詳細データ 以下に天守データ、御殿対面所データ、内部大広間データを紹介します。

画面3 天守再現データ

ほとんどの城郭で天守は本丸最奥部に位置する場合が多くしかも周辺建物が、接近している関係でカメラの一設定が困難です。この意味で不要な建物等を視角ら排除し増した。全体データと分離したデータを新規に作成することで、全体データでは、不可能なあった部分まで詳細な再現を可能にしています。下のスライドで天守イメージの制作プロセスを示します。

画面4 御殿再現データ

画面をクリックするとさらに大きい画面が開きます

天守データと同様に全体データから分離することで詳細な再現を可能とし、カメラが近接した場合、大いに助かります。

画面5 大広間再現データ

画面をクリックするとさらに大きい画面が開きます

再現は正確で美しくなくてはならない。 DigitalDaiku の3D城郭ライブラリーが再現にあたり参照された古写真、絵図、指図等の史料に可能な限り忠実であることは、いうまでもありません。 城郭データを画面の内容が記述された、データ(文字、数値、数式など)を、コンピュータ上で処理を行い、データにかかれている記述通りに、実際の画面や画像の、イメージを表示させることをレンダリングといいますその結果得られるイメージは美しいほど、いいに決まっています。 再現というからには、お城は、かってほんとうに存在していました。それを設計、施工にかかわった膨大人たち、それ記録してくれた人たち、そしてそれを、今に見る人たちのためにも、美しくなければ、再現の意味が、薄れます。なぜなら、先人たちは、軍事要塞でありながら、決して、「美」を忘れることが、なかったからです。日本の誇る美しい城は間違いなく一級の芸術である以上、DigitalDaiku の3D城郭ライブラリーはこの意気に一歩でも近づくデータを目指して作成されています。

空撮合成シリーズ
現在の町並みに よみがえる大城郭

江戸城 金沢城 姫路城 津山城 岡山城 広島城 大洲城 高松城

 

このサイトで使用している城の画像は、すべてDigitalDaiku「3D城郭ライブラリー」のデータからレンダリングしたものです。
このサイトで使用されたすべての画像・写真・図版等の著作権は、それぞれデジタル大工グループの制作者に帰属します。
Copyright(C) Team DigitalDaiku All Rights Reserved